グレッチ/GRETSCH/ギター/ナッシュビル/6120
グレッチ・ギターに最適なエフェクターを紹介!
グレッチサウンドを堪能するならこのエフェクター!

グレッチ【GRETSCH】関連エフェクター
GRETSCH/グレッチ/ナッシュビル/6120
ロックンロール/ロカビリー/50s


グレッチ・ギターのすすめ コンテンツ




◆姉妹サイト
ロックンロール、ロカビリー情報
ロックンロール、ロカビリー情報


グレッチ【GRETSCH】関連エフェクター

グレッチに必要なエフェクターと言えば、オーバードライブとリバーブ(エコー)があればOK。
グレッチギターと相性の良いエフェクターを紹介します。
BOSSのBassmanエフェクターは秀逸です。



ギター、ベース、ヴォーカル録りができる宅録キット。
ドラム音も作ることができ、一人で曲作りができます。
アンプシミュレーター、エフェクターもかなり豊富で、なかなかのモノ。
もちろんフェンダー・ベースマンもあり、アンプごとに細かな設定が可能。
有名メーカーのエフェクターもあるので、アンプとの相性を調べることも出来る。オススメです☆

Gretsch定番の名アンプ「フェンダー'59ベースマン」の太くて透明感あるサウンドをCOSMで忠実にモデリング。
オリジナル同様のコントロールつまみ、ブライトなトーンを得ることができるBRIGHT IN端子も装備しています。

ロカビリーには欠かせないテープエコーを現代の技術でエフェクターに!
ブライアン・セッツァーはフェンダー・ベースマンとテープエコーであのサウンドを表現しています。

トレモロとヴィブラートの融合、そして新発想のコントロール類により、VOX伝統のクラシックなトレモロ・サウンドから想像を絶するアグレッシブなサウンドまで幅広く網羅。

低〜中インダクタンスのピックアップを搭載したギター(グレッチ、フェンダー、ギブソン、バーンズなど)を想定してデザインされたエフェクター。
太く、バイトがありながら、耳触りなトーンをカットしたリードトーンが得られる。




グレッチ・ギター・サウンドが聴けるCD





| トップページ | グレッチ社の歴史 | グレッチ・ギターの種類 | グレッチ愛用アーティスト | グレッチ関連アンプ | グレッチ関連エフェクター | グレッチ関連グッズ | グレッチ関連バンドスコア・本 | グレッチ用語集 | グレッチ関連リンク集 |

Copyright (C) グレッチ・ギターのすすめ All rights reserved.