グレッチ/GRETSCH/ギター/ナッシュビル/6120
グレッチギターの製造年月、製造国などが分かる!
シリアルナンバーについて

グレッチ【GRETSCH】ギター
製造年等が分かる
シリアルナンバー表


グレッチ・ギターのすすめ コンテンツ




◆姉妹サイト
ロックンロール、ロカビリー情報
ロックンロール、ロカビリー情報


グレッチ【GRETSCH】ギターのシリアルナンバー

グレッチのボディー内に張り付けされているタグ。
記載されたシリアルナンバーから色んな情報が分かるんです。
シリアルナンバーの見方をご紹介します。



グレッチ・ギターのfホールから中を覗くと、シリアルナンバーが記載されたタグがあります。
このシリアルナンバーから、製造国や製造年月などが分かります。

例えばこちら、現行Gretsch6120W-57のタグ。

gretsch6120W-57のシリアルナンバー

シリアルナンバー「0011120W57-48」とあります。
これは、2000年11月に製造された6120W57モデルで、48番目に製造されたことが分かります。
ちなみに1989年頃から2003年にFenderに買収されるまで、愛知県の寺田楽器製作所で主に作られていました。

※2003年以降は寺田楽器製作所に加えて長野県のフジゲンや、アメリカのフェンダー・カスタム・ショップなどでも作られるようになりました。


次にグレッチ廉価版ブランドElectromaticのモデル5620のタグを。

gretsch Electromatic G5120のシリアルナンバー

シリアルナンバー「KS13113705」とあります。
これは、韓国(KOREA)の楽器メーカーSAMICKにより2013年11月に3705番目に製造されたモデルであることが分かります。

※1995年頃に誕生した廉価版ブランドGretsch Electromaticは中国・韓国での製造がメイン。
パーツの仕様など細かい部分で劣りますが、グレッチのDNAはしっかり受け継がれています。


現行モデルはこんな感じで簡単に判別できます。
自分のグレッチギターの歴史が分かるシリアルナンバー、ぜひチェックしてみてください。





以下ヴィンテージ含むシリアルナンバー表です。

年 式 シリアルナンバー シリアルナンバー
1949〜53年 2000〜8000番台 ボディ内側にラベル
54年 9000〜12000番台
55年 12000〜16000番台
56年 17000〜21000番台
57年 22000〜26000番台
58年 27000〜30000番台
59年 30000〜34000番台
60年 34000〜39000番台
61年 39000〜45000番台
62年 46000〜52000番台
63年 53000〜63000番台
64年 63000〜77000番台
65年 77000〜84000番台
1965〜72年 製造月・製造年・製品番号からなる。
例:105123
(1965年10月123番目に製造)
ペグヘッドの裏側または上部
1973〜1981年 製造月・製造年・製品番号からなる。
例:103123
(1973年10月123番目に製造)
ペグヘッドの裏側

※1980年製造中止、1989年より製造再開

グレッチ・ギター・サウンドが聴けるCD





| トップページ | グレッチ社の歴史 | グレッチ・ギターの種類 | グレッチ愛用アーティスト | グレッチ関連アンプ | グレッチ関連エフェクター | グレッチ関連グッズ | グレッチ関連バンドスコア・本 | グレッチ用語集 | グレッチ関連リンク集 |

Copyright (C) グレッチ・ギターのすすめ All rights reserved.